HOME > 院長挨拶

院長挨拶

ごあいさつ

葦の会のオリブ山病院は精神科領域は診断・治療から社会復帰まで一貫した治療を担い、身体疾患については回復期リハビリテーション病棟や特殊疾患治療病棟、沖縄でははじめて開設された緩和ケアホスピス病棟を有する343床の病院です。身体疾患に合併した精神症状、あるいは精神疾患をもつ方が身体疾患を合併した場合に対応できる合併症治療病棟は全国的にも貴重な存在と自負しているところです。高齢者の人口比率の上昇に伴い認知症の早期診断を目的に"もの忘れ外来"をスタートさせ、認知症治療病棟をも有しています。1.5TのMRIを具備し、首里のみならず、那覇とその周辺地域の方々にとっての「脳とこころのセンター」としての役割を担っています。私たち職員は、"病める方々に全人医療を実践することをとおして主の栄光のために奉仕する"ことを理念としていますので、きっと良質な医療を受けられると思います。

基本方針

1.私たちは、病気や障害をかかえて生きる人々とともに歩みます。
2.私たちは、キリストの愛にならい聖書に基づいた全人医療を目指します。
3.私たちは、日々研鑽に励み、安全で安心できる、医療の提供を行います。
4.私たちは、より良きチーム・ケアを目指します。
5.私たちは、他の医療機関や在宅施設等と連携し、地域医療に貢献します。

介護老人保健施設オリブ園基本方針

1.私たちは、病気や障害をかかえる人々が地域で豊かに住みつづけることができるように支援します。
2.私たちは、キリストの愛にならい聖書に基づいた全人ケアを目指します。
3.私たちは、在宅支援機関や医療施設と連携し、在宅復帰に向けて支援します。
4.私たちは、常に質の高いケアを目指して研鑽に励みます。

地域支援局基本方針

1.私たちは、病気や障害をかかえる人々が地域で豊かに住みつづけることができるように支援します。
2.私たちは、キリストの愛にならい聖書に基づいた全人ケアを目指します。
3.私たちは、他の在宅支援機関や医療施設と連携し、在宅ケアの充実に努めます。
4.私たちは、常に質の高いケアを目指して研鑽に励みます。

葦の会TOPへ戻る

トップへ戻る

〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4-356
TEL.098(886)2311 FAX.098(886)6588
Copyright c 2007 特定医療法人 葦の会 オリブ山病院 All Rights Reserved.