HOME > 施設病棟のご紹介 > 精神科デイケア『がじゅまる会』

オリブ山病院・施設・病棟のご紹介

精神科デイケア『がじゅまる会』

ご案内

安心して地域生活をおくり、なりたい自分をめざせるよう取り組むところです。

病状や体調、生活の悩みを、ともに考え解決していく場です。

デイケアとは

病気の再発予防や体調のコントロール、生活のしづらさを改善する工夫を学びます。

仲間とともに楽しく活動します。自信を回復して社会とのつながりを取り戻します。

新着情報

がじゅまる会の新着情報はこちら

施設案内

活 動 日:月~金曜日

活動時間:
デイケア 10時~16時 (9:30までに受付)
午前ショートケア 10時~13時(9:30までに受付)
午後ショートケア 13時~16時(12:30までに受付)

費用:各種健康保険が適用。自立支援医療を申請すると自己負担分が無料となります。


どんな方が利用しているの?

  • 「退院後、社会に出る前に自信をつけたい」
  • 「家以外にも居場所がほしい」
  • 「生活のリズムを取り戻したい」
  • 「緊張しないで人と話したい」
  • 「人付き合いをもっと楽にしたい」
  • 「不安や緊張を、少しでもやわらげる所がほしい」
  • 「相談できる仲間がほしい」
  • 「仕事をするための準備をしたい」etc.

2つのグループがあります。

日中生活支援グループ

プログラム案内

20代から80代まで、幅広い年齢の方が利用しています。生きがいや仲間作りを目的に、スポーツや手工芸、グループワークに取り組んでいます。

うつ・治療主体グループ

プログラム案内

うつ病の方や若い方が多く利用されています。病気とのつきあい方や生活改善、健康管理、コミュニケーションスキル等を学んでいます。認知行動療法や、就労や復職をめざす方のサポートも行っています。

主な活動内容

創作活動:
手工芸編み物エコクラフトレザークラフト...

スポーツ :
バドミントン、卓球、ソフトバレーボール、ストレッチ、ゲートボール...

勉強会:
SST、自分サポート(当事者研究)、よつ葉の会(健康講座・体操)
認知行動療法(CBT)、生活習慣改善プログラム(TLC)...

レクリエーション :
ドライブ、カラオケ、映画鑑賞、野外活動 ...

趣味・サークル :
料理、文芸、オセロ、囲碁、将棋、麻雀、生き物係 園芸サークル
三線同好会、 軽音サークル

就労活動:
就労準備グループ、企業や事業所見学、OB・OGの体験談、個別相談

行事:
誕生会、スポーツ大会展示販売会、BBQ、流しそうめん、
クリスマス&望年会

手工芸の作品は、オリブ山病院の広報誌を飾っています!

活動風景

利用に向けての流れ

① 相談

外来、病棟、相談室、訪問看護、デイケアにお声かけください。
主治医へもご相談ください。

② 見学・体験

見学できます。また、体験して利用を決めることもできます。

③ 主治医に
相談

主治医と利用をご相談ください。
主治医よりデイケアに指示が出ます。

④ 利用申込み

デイケアを始める日、利用曜日や通所方法、ルールなど具体的にスタッフと話し合います。
そして『申込書・誓約書』を提出して完了です。

※オリブ山病院の精神科に通院している方が対象です

送迎

基本的にはご自身での通所をお願いしています。交通の不便な方、体調に不安のある方は相談のうえ送迎を調整します。

利用された方の声

○ あなたにとってデイケアとはどんな場所ですか?
「笑顔になれる場所」「安心できる場所」
「デイケアにとても助けられています」
「とっても楽しい場所です♪」
「ぼくの研究をしてくれる場所。とっても良いところ!」
「ご飯がおいしい。お茶もおいしい」「憩いの場です」
「とても大切な場所です」
「お家に引きこもらないようにするため、健康になるため、がじゅまる会に通っています」etc.
○ デイケアのいいところは?
「仲間がいること」
「自分ひとりじゃない。病気や体調の苦労に共感することが多い」
「他の人を見ると、こんなふうに元気になっていくんだなと思う」

葦の会TOPへ戻る

トップへ戻る

〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4-356
TEL.098(886)2311 FAX.098(886)6588
Copyright c 2007 特定医療法人 葦の会 オリブ山病院 All Rights Reserved.